わっぜうまか、鹿児島グルメ

Bài: Mayu Senda / Ảnh: Tỉnh Kagoshima, Kagoshima Prefectural Visitors Bureau PIXTA/ Biên dịch: Lăng Vi / Hợp tác: Công ty TNHH TM Du lịch và Dịch vụ Sông HànApr 20, 2018

鹿児島に降り立ったら、自然のパワーをフルチャージして、鹿児島名物のおいしいものをたらふく食べて。心と体が、みるみるうちに満たされてゆく心地がする。

(わっぜうまか=鹿児島弁で「とてもおいしい」)


魚介

海に面した鹿児島では、アジ、サバ、トビウオ、エビなど新鮮な魚介を存分に味わうことができる。中でもきびなごは鹿児島を代表する特産品。足が早いため、刺し身は県外ではなかなかお目にかかれない。

kibinago, kagoshima

(Photo: 涼然/PIXTA)


黒豚・黒牛

鹿児島の豚と牛は、黒いのが特徴的。古くから肥育され、改良に改良を重ねてたどり着いた今のおいしさ。暖かな地で、生産者が丹念に育てた最高級の肉をどうぞ。

kurobuta -kuroushi, kagoshima

(Photo: Kagoshima Prefecture, Kagoshima Prefectural Visitors Bureau)


さつまいも

さつまいもの「薩摩」は、鹿児島一帯の昔の地名。日本では鹿児島から栽培が始まったとされ、今でも生産量日本一。どの品種も驚くほど甘くて濃厚。さつまいもを使ったお菓子もおすすめ!

khoai lang, kagoshima

(Photo: Kagoshima Prefecture, Kagoshima Prefectural Visitors Bureau)


しろくま

白い熊という意味の、昔から鹿児島の人に愛され続けるスイーツ。ふわふわのかきごおりに練乳をかけ、フルーツや豆、寒天などを盛りつける。いろいろなお店が独自のしろくまを提供している。

shirokuma, kagoshima

(Photo: Kagoshima Prefecture, Kagoshima Prefectural Visitors Bureau)


さつまあげ

魚肉のすり身を使った揚げかまぼこ。現地の人は「つけあげ」と呼ぶ。さつまいもと同じく、鹿児島から日本全国に広まったといわれ、県内には老舗のさつまあげ店がたくさんある。

satsumaage, kagoshima

(Photo: Kagoshima Prefecture, Kagoshima Prefectural Visitors Bureau)


焼酎

名産のさつまいもや黒糖を使った焼酎が有名。「くろじょか(黒千代香)」とは焼酎のお湯割りをおいしく飲むための道具。おいしい料理とともに、極上のお酒を。

shochu, kagoshima

(Photo: Kagoshima Prefecture, Kagoshima Prefectural Visitors Bureau)

SENDA MAYU/kilala.vn

アクセス案内

飛行機で

東京から約2時間

大阪から約1時間10分

福岡から約50分

新幹線で

新大阪から最速3時間44分

博多(福岡)から最速1時間17分

その他のニュース

ニュースランキング